flugel logo

人手不足画像

エンジニアの人材不足の原因と解決法を探ってみよう

エンジニアの人材不足

エンジニアは大きな人材不足に至っている。そして、これからそれはもっと拡大していくと言われている。その原因は何だろうか?解決法はないのだろうか?

筆者の西は、IT企業で未経験からエンジニアを積極採用していこうとしている株式会社フリューゲルの執行役員部長であり現役のプログラマーとして、その原因と解決法を探求することにした。なぜなら、IT業界はスキルを身に付けてしまえば昇給も転職もフリーランスも起業も出来る。人材不足ということは需要があって仕事に困らない環境であるからだ。

原因と解決策

IT業界離れが進んでいる

20代の若い世代を中心として、IT業界に属する企業への就職を避ける傾向が見られ、特にエンジニアやプログラマーの求職者数の減少が目立っている。平成28年に経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年には約79万人のIT人材が不足するというデータが出ている。

2020年には小学校でプログラミングが必修化される反面で、今の20歳前後はパソコンが使えない人が多い。なぜIT離れが進んでしまったのだろうか。

ITが人材不足の理由

ITが人材不足なのには5つの理由がある。

ITの急成長

Amazonなどの物流の管理やITベンチャーのアプリ開発など近年では目覚ましくITのシステムやインフラの開発や管理が進歩してきた関係により、ITの活動分野が大きく進んだことが要因。2020年にはセキュリティが19.3万人不足、AIやビックデータが4.8万人不足している。セキュリティの不足はオリンピック・パラリンピックでのサイバーテロの対策で問題になる。また、近年発達が目覚ましいAI・機械学習の分析・解析は需要が高いが、そのセキュリティ分野、AI・機械学習分野はともに高いスキルを必要とするため、企業側の要求を満たせる人材が少ない。

給与が低い

ITが多様化したことにより、仕事が細分化され下請けに流れるということが出てきた。大手のエンジニアであれば収入が高いが、下請けになると収入が中引きされることにより自然とエンジニアの給与が低くなってしまう。

技術やスキルの変動

ITは進歩が目覚ましく新しい技術やサービスが次々と出るため、常に勉強やスキルアップをしなければならない。そのため、仕事の実務作業以外のオフの時間が勉強に時間を取られてしまう。

仕事がきつい

仕事はひたすらパソコンの前でコーティングをし、納期前には残業、時には徹夜をする場合も、インフラエンジニアなどはシステムエラーになると休日でも出勤しなければならないため多くの若者がIT離れをしている。

スキル・経験のあるエンジニアの不足

機械学習や人工知能などの出現により、エンジニアのスキルや経験がより大きな意味を持つようになった。企業からエンジニアへの求めるレベルが高くなり、プログラミングだけでなくコミュニケーション能力や課題解決能力など様々な能力を持つ以外に、創造性などのクリエイティブ面の能力を持った経験者が求められている。

IT離れをしないためには

では、ITは人材不足なのに放置されているのだろうか?そんなことはない。それぞれ、改善されたり、進化しつつある。

まず、ITの急成長によってAIや機械学習など高度なスキルを求められるようになる反面で、昔は難しかったものを簡単に出来るように進化している。例えば、アプリを一から作る必要がなくなって雛形が用意されたり、ゲームを作る際に必要な物理演算は用意されている。どんどん新しい技術が必要とされて行き、それが出来れば高収入になることと、難しかったことが簡単になっていって敷居が低く出来る仕事も増えることは、実は昔から変わっていない。スキルアップが必要だということは、逆に言えばスキルアップすればするだけ収入が増えるやり甲斐のある仕事でもある。

続いて給料について。元請け企業や自社サービスを開発する企業は、自社サービスや元受け企業になると納期の融通が利きやすく間引きが少ないため利益率が高く、時間や収入面の大きな支えになる。つまり給料が高くなる。また、常駐型派遣で働くという方法もある。大手で直接働けるならいいが、未経験や中途のだと少し難しい。常駐型派遣の場合、プログラミングスクールで学んだあとは正社員となり大手に派遣として働くことになる。正社員のため福利厚生も安心で、派遣先がもしも無茶な要求をしてきても派遣元の会社がしっかり対応してくれ、残業代もしっかり要求してくれる。大手で働くことの経験やチームでの派遣によるバックアップがあり、仕事で使うスキルの学習も可能。

プログラマーは残業徹夜が当たり前というのは昔の話。現在は、労働基準法も厳しく社会の仕事に対する姿勢も変わったため、残業させない企業も増えてきた。タスク管理、連携プレイ、引き継ぎ、などはITの得意分野なので、むしろ他の業種よりも残業をなくすことはしやすい。

機械学習や人工知能などの出現により、エンジニアがただプログラミングが出来るかどうかだけでなくそれ以外それ以上のスキルレベルを求めるようになったのは確かだ。インターネットが昔のようにオタクの文化でなくなったように、エンジニアにもコミュニケーション能力、課題解決能力、クリエイティブ能力など様々なスキルが求められるようになり、これからはますますそれが加速する。しかしそれは逆を言えば、多様性を求められているということになる。プログラミングは、大人になってから未経験で今から勉強しても遅くない。元々持っている他のスキルにプログラミングスキルを加えることで、IT業界に新しい風を吹かせる者として参画出来るということなのだ。

フリューゲル解決策

前述のように、IT業界はスキルを身に付けてしまえば昇給も転職もフリーランスも起業も出来る。にも関わらずIT離れが進み人材不足に陥っている。不足するほど需要があるから当事者は仕事で儲かるのも確かだが、、、しかし、今のままでは本当に足りない。だから、原因を探ってみると、案外解決できている点も多かった。

確かにプログラミングは決して簡単ではないけれど、しかし、大人になってから学んでも間に合い身に付くスキルでもある。もちろん人によって向き不向きがあるからフリューゲルで採用する際は適性検査を設けているけれど、学歴には大きな差がない。また、フリューゲルは常駐型派遣をしているので、未経験でも転職出来るし、大きな開発業務を担いがらスキルアップと給料アップを狙うことが出来る。つまずいた時には講師とチームとサポーターが存在する。我が社はどうやら人材不足に対する解決策をそれなりに取り入れることが出来ていたので今後も注意してブラッシュアップして行きたい。そして、ITとは全く関係ない職種、フリーターも取り込むことでバリエーション豊かに拡大を目指していく。

facebook twitter instagram

CONTACT


弊社サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

CONTACT FORM