flugel logo

採用事業本部本部長、木佐一友里インタビュー

2019.06.01

株式会社Flügel紹介と執行役員

こんにちは!にしくんです!
ぼくは、アダルト業界の監督兼男優で有名になったんですが、最近はNHKでアフリカ大陸ウガンダにロケで行ったり、映画やドラマで俳優もしています。

そして、もう1つお仕事、というか本業があります。それはなんと、IT企業の株式会社Flügel(フリューゲル)で執行役員。採用事業本部メディア事業部部長なんです!

にしくん
にしくん

どんだけ肩書きあるんだよって?ぼくが聞きたい←



そんなFlügelはどんな会社かというと、プログラミング未経験者を採用して2、3ヶ月プログラミング教育をして、そして大手企業の業務委託で受注開発する会社。

主な取引先例は、株式会社SBI証券 みずほ情報総研株式会社 株式会社日立製作所 株式会社日立ソリューションズ 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト 東京地下鉄株式会社 株式会社DTS ハマゴムエイコム株式会社 株式会社シーエーシー 株式会社エヌアイデイ TISソリューションリンク株式会社 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社…わぉ。

Flügel自体は今年出来たばかりの会社だけれど、銀河グループという大きなグループ会社の内の一社。親会社の銀河ソフトウェアは1989年1月4日設立、資本金100,000,000円、社員数約600名。そのグループの採用に特化した、にしくんなんかを雇っちゃってる変な会社?がFlügel。そこでぼくは、採用側やマスコット的な広告キャラをしつつ(自分で言う←)親会社で現役のプログラマーでもあるのです。

Flügelメンバー画像

社長含むこの4人が立ち上げメンバーなんだけど、なんか頻繁に呑みに行くし、2ヶ月に1回くらい温泉に行くし、やばい楽しい会社ですw



そして最近、常勤執行役員、採用事業本部本部長の木佐一友里さんがインタビュー記事を開始!

木佐一友里画像

インタビューってなんか楽しそうだなと思ってやってみたくなって。それで、逆にぼくが彼女をインタビューしてみることにしてみましたー!

にしくん
にしくん

わーい!いんたびゅーあーデビュー!


木佐一友里インタビュー

にしくん
にしくん

それではまず、お名前からお願いします!


はい!にしくん、よろしくお願いします!木佐一 友里(きさいち ゆり)と言います。

木佐一
木佐一

木佐一友里画像
にしくん
にしくん

あだ名は「ゆりつん」ですよねー。


はい!

木佐一
木佐一

にしくん
にしくん

では、ここからは親しみを込めて、ゆりつん & にしくんで!にしても、木佐一って珍しい名字ですね。


そうなんです。珍しいねとよく言われるのですが、父が京都出身で京都には少しはいる苗字みたいです。気になったのでどれくらいいるのか調べてみたら200人くらいだそうです。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

それは確かに少ない。


東京でもし同じ名字の人に会ったら、間違いなく私の家族です。笑

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

なるほどー。(パソコンで検索)


にしくん
にしくん

この画像の人、東京に住んでる木佐一という方みたいですが家族ですか?


パパ!!!

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

わお!こんな簡単にお父様が見つかるとは。じゃあ、挨拶しておかなきゃ!


いや、次に紹介するのは本当に結婚する人って約束してるので挨拶しなくて大丈夫。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

うわっ、冷静に対処されたし、間接的にフラれた…泣


木佐一友里、子ども時代

にしくん
にしくん

(気を取り直して)では、どんなお子さんだったんでしょうか?


私を一言で表すと、「いろんなことしてきた人」です。本当に一貫性がないw

ゆりつん
ゆりつん

木佐一友里インタビュー画像
にしくん
にしくん

めっちゃそんな感じするw


中学生の時、当時では珍しかったウェブ上でのモデルをしていました!当時流行っていたプリクラのレポートをしたり、NHKのとある番組に出たり、芸能人になりたいとかはなかったけど、ちょこちょこ遊び感覚でそういう仕事をしていました。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

中学生からですか!?早い!


わりと厳しい学校に行っていたので、高校生になると同時に辞めました。たいして可愛くもないのに、高校時代はミス○○(学校名)に毎年選ばれ。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

周りに可愛い可愛いって言われてるのに、私は可愛くないからとか言っちゃうタイプだ。なんてツッコミをしようか、、、


それで、2ちゃんねるで叩かれていました。その頃のおかげか、今はなにを言われてもなんとも思いませんw

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

(あら、そんなオチが…)たしかに、ネットである程度叩かれると強くなりますよねw


そして、大学では音楽を勉強していました。トランペットは17年続けています。初心者の方には教えられます。あと、実は茶道の師範でもあります。8年続けています。

ゆりつん
ゆりつん

木佐一友里茶道師範画像
にしくん
にしくん

すごい!学生時代だけでも「いろんなことしてきた人」だ。


IT企業に転職する前の仕事

にしくん
にしくん

お仕事の方は、元々どういったことをして来たのですか?


新卒では信用金庫の営業。外回りです。地元がそこまで好きではないのに地元の信用金庫に就職してしまって、、、地元ラブな人が働いていてちょっと感覚合わなくて辛かったですw 保険売ったり金融商品買ってもらったりお金預けてもらったりいわゆる営業です。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

営業かー。パソコンの前で手と頭を使うだけで、基本的に楽をしたいと考えるプログラマーとは相反なお仕事。


でも、社会人としてのいろんなことを教えてもらえました。今思えば感謝です。それと何より、お客様が素敵な方ばかりで助けられてばかりでしたね。2年ほど在籍しました。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

なるほど。


2社目は恵比寿にある税理士向けのコンサルティング会社。そのあたりからパラレルキャリアとして副業を初めて、異業種交流会やパーティの主催、お料理教室などの女子会を主催したりしてました。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

これはなんか、ゆりつんっぽいw


その後、当時お付き合いしていた彼氏に養われてお家の事をしつつ、彼が持っていた飲食店のウェブ周りの手伝いなどしていましたw当時は年間100回近く飛行機に乗っていて、海外旅行も平均2ヶ月に1回は行ってたかなぁ。。。ヨガとジムにも週2で行って、広いキッチンでお料理を作ってっていう優雅な生活をしていました!お別れの後フリーランスとして色々仕事を始めるのですが、、、

ゆりつん
ゆりつん

木佐一友里考えている画像
にしくん
にしくん

えっ、お仕事のインタビューだけど、なぜ別れたのか聞きたい。どうしよう。


にしくん
にしくん

その、別れてしまった理由を一言で!


それはリアルにここでは言ったらやばいやつですw

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

じゃあ、勝手に妄想しますw


それからのフリーランスではいろんなことをしてました。また、芸能じゃないけどフリーモデルとしてサロンモデル、ポートレート、イベントコンパニオン、スタンドインとかもしていたし、業務委託で会社の事務や会社役員の秘書、あとはその頃からインフルエンサーという言葉が流行ってきて、ちょっと意識してみたらInstagramのフォロワーが1万人になって仕事依頼が来るようになり、このマーケティング側自分でできそう?と思って自己流でインフルエンサーマーケティングを始めました。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

インスタのフォロワー今では1万5000人ですもんね。ぼくはインスタ苦手でフォロワー6000人しかいないので1つ大事なコツを上げるとしたら何でしょう?


6000人いたらすごいと思うけどなぁ。。。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

いやいや、1万人いないと使えない機能があるし、まだまだなんですよ。


コツは、やはり「フォローしたい」と思われるアカウント作り!最近はアップしたいものを自由に上げていますが、当時意識していたのは、どんな投稿をしたらENG率(いいねなどの反応)が良いのか、どの時間帯にアップするのがよいのかなどかなり分析していました。それで、良かったものを継続していました。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

やっぱり分析が必要なんですね。SNSは書きたいこと書いちゃうタイプで。反省。


企業の半数以上がSNSを使ったマーケティングをしていると言われている中で、自己流ではなくちゃんと勉強したい!と思って市ヶ谷にあるとあるウェブマーケティングをしている会社へ。久々の会社員、すっごく楽しかったし勉強になりました。(ただ会社の人にはかなり迷惑をかけましたw) 代理店などの新しい繋がりもできて仕事がさらに好きになった時期です。そしてFlügelへジョイン。今に至ります。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

「代理店など新しい繋がりもできて仕事がさらに好きになった」のに、さらっとFlügel行っちゃった。Flügelにはそんなにも惹きつける魅力があったんでしょうか?


はい!

ゆりつん
ゆりつん

採用事業本部本部長から見たFlügelの魅力

にしくん
にしくん

では、まずは具体的にFlügelではどのようなことをしてるのでしょうか?


採用担当をしております。肩書きは、常勤執行役員 採用事業本部 本部長です。2018年の終わり頃に、新しく会社作るから一緒にやらない?と社長の近藤に誘っていただき、2019年の3月から正式にジョインしました。(会社設立は2019年1月23日)Flügelは今まで銀河グループが行なっていない方法で未経験のエンジニアを採用しようという目的で立ち上げまして、その方法というのが大きく2つあります。1つは、リアルな紹介。個人的なつながりや紹介、アライアンス先を作って、という感じですね。もう1つが私とにしくんが担当している、「Webからの流入」ですね。そのコンテンツの1つとしてこちらのブログページなんかがあります。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

ぼくは、常勤執行役員ではなく執行役員で、採用事業本部の中のメディア事業部の部長なんで、入社日は同じだし同じ執行役員で立ち上げメンバーではあるけれど、ちょうど真上の上司ですね!


そうですね。ただ、にしくんに助けられていることばかりで上司部下っていう意識は良い意味で全くないですね。入社日も同じだから同期的な方が近いかなって私は思っています!これからもよろしくお願いします♡

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

よろしくお願いします!


にしくん
にしくん

しかし、なぜIT企業に興味を持ったのでしょう?


IT企業に興味を持ったというか、社長が、今までわたしがやってきた事を責任者として任せるから、Flügelを一緒に立ち上げていこうって誘ってくれたからですかね。IT企業に興味があったわけではないかも。笑

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

わぁ、正直w


もちろんビジネスモデルや、Flügelのボードメンバーが良いなと思ったから。Flügel役員4人はそれぞれの強みがあって4人でひとつみたいな。1人も欠けてはいけない存在だなって思っています。

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

それは間違いない。


木佐一友里、にしくんインタビュー画像

今までもいろんな仕事をしてきたけど、大切なのは人かなと思ってます!

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

何をやるかより、誰とやるかだとぼくも思ってます!先ほどの話とちょっと被ってしまうかもですが、一般的なIT企業とFlügelの違うなと感じるとこは何でしょう?


役員4人が個性的でメンバーが濃かったり、社員さんのことを本気で考えて大切にしていること。ITスキルを得てエンジニアとして社会に羽ばたくメンバーが働きやすい環境を全力で作り上げていくところがFlügelの魅力です。でも、それって普通じゃんって思ってる、私みたいな役員が採用担当をしている会社です。笑

ゆりつん
ゆりつん

にしくん
にしくん

最高です!では、最後に、IT企業に興味を持っている人、Flügelで一緒に働いてみたいなーと考えている人に一言お願いします!


面白そう!興味ある!できるか不安だけど、、やりたい!ITってなんかカッコイイ!Flügelの人たち楽しそう!話してみたい!なにか少しでもプラスの意識を持ったら即行動です。やってみないと始まらない。

今の仕事変えたいなぁ、、、
→ はい!変えましょう!

ボーナスもらってから〜
有給で旅行してから〜
→ ○○してからと言っている人はそうなってもやらないです。

まずは個別説明会へ♪
私が担当させていただくこともありますよー!!

ゆりつん
ゆりつん


えっ、用意してました?w そして、これを読んで応募してくれた人は、ぼくたちが面接対応しましょうよ。

というわけで、興味ある方は、ゆりつんとにしくんの記事を見て応募した!とか書いてもらえると嬉しいです。Flügelは、エンジニア未経験から採用されて、給料をもらいながら勉強出来て、そしてプロのエンジニアとして働く会社です。学歴問わず、転職大歓迎なので気軽にご連絡ください。もちろん、ちょっとした質問相談もOKです。では、お待ちしてまーす!

facebook twitter instagram

CONTACT


弊社サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

CONTACT FORM