flugel logo

マネージャーイメージ画像

エンジニアってどんな仕事?仕事内容を確認してみよう〜プロジェクトマネージャー~

プロジェクトマネージャーってどんな仕事?

IT業界のシステム開発では、プロジェクトマネージャーという役割が存在する。

名前の通り、内容を決めて、エンジニアの手配と開発指示をし、納品するまで、プロジェクトの開発全般のマネジメントをする。ここでは、エンジニア、プロジェクトマネージャーについてまとめていく。

仕事内容

エンジニアとは

エンジニアとは、工学(エンジニアリング)に関する専門的な知識やスキルを持った人材で日本語では技術者と呼ばれている。近年では、インターネットの急速な発達によってインターネット関係のITの専門知識やスキルを備えたエンジニアが多く、それを「ITエンジニア」と呼ぶ。そしてそのITエンジニアが現在とても活躍している。

ITエンジニアとは

ITエンジニアとは、Information Technology(情報技術)の技術者たちの総称。ITエンジニアはコンピュータができるだけでなく、コミュニケーション能力や文章力などのスキルも必要とされる。技術者のイメージが強いため、理系と思われがちだが、文系色もある。ITエンジニアは、情報技術に関わる技術者の総称のため、様々な種類が存在している。ここではプロジェクトマネージャーについて見ていく。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクトを遂行するにあたっての責任者。システム開発は複数のITエンジニアからなるチームで行われ、プロジェクトチームとよばれる。プロジェクトマネージャーはそのチームの責任者となる。プロジェクト案件の内容・納期・規模・予算から必要なエンジニアを手配し、開発の状況をマネジメントする。手配するエンジニアは自社スタッフだけでなく、システムベンダーやソフトウェアハウス、コンサルティングファーム等のSIer各社など幅広い中から提案する場合もある。

仕事の流れ

開発内容の共有

プロジェクトマネージャーはまずお客様やITコンサルタントの『企画側』と打ち合わせを行い、開発の目的・優先順位、予算、納期を確認しながら調整や交渉を行う。内容と予算が合わない場合、どのようにして折り合いをつけるのかなどの調整をしていく。

開発作業計画

続いて、プロジェクト完了までの工期を算出する。「仕様策定・決定⇒ソフト設計⇒デバッグ⇒テスト準備⇒ハードウェア工事」などそのプロジェクトに必要なフェーズを出し、それにどれくらいの時間が必要か計画する。算出後は、開発するシステムの構成要素・プロセスから必要な工数を導きだし、その期間でプロジェクトを終わらせるためには、プログラマが何人必要など人員を確保する。そして、必要なシステム環境を算出、全ての開発フェーズを通じてシミュレーションを繰り返し、想定されるトラブルも念頭に入れ、開発作業計画を練り上げる。その計画書をもとに企画側との交渉を経て、納期・予算・開発内容を最終決定させる。

プロジェクト管理

開発計画書に基づき、人員や開発の環境を整える。外部の企業や子会社からメンバーを選出する場合も多く、プロジェクトが進展すると各部署やパートナー会社と連絡・連携をし、問題があればそれに対処したり工期が遅れた場合、どういう調整をするかを考え、企業の方と話し、その都度調整をする。

プロジェクトのレビュー

開発を終えたら終わりではない。プロジェクトのレビューを行う。今回の問題点や、その問題を今後どう回避していくかなどの評価をまとめ企業にレポートする。

プロジェクトマネージャーの必要スキル

企画側と開発側での摩擦や意見の違いなどをまとめ、イニシアチブを発揮できるだけの開発経験やITスキル、人員管理などに関する知識も豊富であることが求められる。プロジェクト自体の予算管理やそのシステム作成による利益などの考えから経営的観点も持たなければならない。

・高度なコミュニケーション力
・開発経験、IT技術、予算や人員管理に関する豊富な知識と経験
・周囲に対する気配り、ホスピタリティー
・プロジェクトチームをまとめるリーダーシップ
・経営的視点

また、開発中にプロジェクトメンバー内でハードワークが発生していないか、トラブルが起きていないか等を常にヒアリングしながら解決策を実施することも重要な仕事だ。

プロジェクトマネージャーのやりがいとは

プロジェクトマネージャーは企画段階ですべての仕事を計画できるので、計画が完了した達成感は十分なものになる。プロジェクトマネージャーの力量自体でプロジェクトの進行管理が上手くいくかや働きやすさが決まるため、働いた仲間から働きやすかったと賞賛の声が上がるとき、やりがいが感じられる。プロジェクトが長期間になるためにチームワークが生まれるところもやりがいがある。商品の企画から作成、納品まで一連の手順を管轄するので、お金の流れや世の中の需要を知ることも出来て、小さな会社経営に近いところがある。そのため、責任がある分、非常にやりがいに満ちていて勉強になる。

プロジェクトマネージャーになるには

プログラマから、SE、プロジェクトリーダー(PL)へ、そしてプロジェクトマネジャーにキャリアアップするケースが多い。開発経験やIT技術、交渉力、マネジメント力、経営視点など様々な能力を高く持つことが重要。

ITの仕事のやりがい

プロジェクトマネージャーという仕事は、プロダクトを作る話が出てから完成するまで、多岐に渡り関わることが出来る。1つのビジネスの流れを作る。その点、とてもやりがいがあるし勉強にもなる。もちろん給料も高い。

株式会社フリューゲルで執行役員をしつつ、フリューゲルの親会社銀河ソフトウェアで開発やプランナーをしている筆者の西は、プロジェクトマネージャーの経験はないものの、プログラマーとしての開発者以外にプランナーなどにも携わらせてもらう機会が増え、ITのプロダクト開発の面白さを多角的に知るようになってきた。IT企業で働く楽しさは、ただパソコンで英数字をカタカタと打ってるだけではなく、世の中に何が必要とされていて、それをどう作ればより使いやすくなり、人々の暮らしが豊かになるか、を考えるところもある。

facebook twitter instagram

CONTACT


弊社サービスに関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

CONTACT FORM